はっきり言って現在の私、別荘を所有しています。

「ちょっと別荘へ」と言える身分になりました

「ちょっと別荘へ」と言える身分になりました

はっきり言って現在の私、別荘を所有しています。仕事先でもプライベートでも「夏休みはどうされるんですか?」なんてネタふりをされると、うれしくてうれしくて「来たーっ」て感じです。でも「ちょっと別荘へ」なんて言うのもキザ過ぎるので、「毎年行くところがありまして」なんて一応ボカシながら、もうちょっと突っ込んでほしいなんて複雑なことを考えてしまいます。

私が別荘と出会ったのは子どもが生まれた年。1998年です。仕事先の不動産会社に出入りしているときに新しい募集する分譲地があり、下見などで訪れているうちに「欲しい」という気持ちがだんだん強くなっていきました。

そこで一計を案じ、家内に私が欲しいのではなくて、「子どもと一緒に過ごす時間のためにあったらいいね」と持ちかけると意外にすんなりOKがでました。

それから買ったものは使わないと損、とばかりに元が十分に取れるほど使い倒しました。

それから現在まで、もう1軒手に入れて実は2軒の別荘オーナーに。

そんな私が感じた別荘暮らしのノウハウをこのサイトには書いていきたいと思います。

みなさんも「ちょっと別荘へ」いかがでしょうか。

「ちょっと別荘へ」と言える身分になりました

別荘という非日常の響きに憧れて

子どもの頃、狭い団地に両親と弟と4人で暮らしていました。

現実に手にした別荘は小さいけれど・・・

1998年、ついに別荘持ちになりました。

別荘の活用方法もいろいろあります

別荘というものは使ってなんぼです。

別荘の落とし穴は使ってみないとわからない

ここまで気楽で楽しげな別荘暮らしを紹介してきましたが、もちろん失敗や後悔、痛い目にあったことは山ほどあります。

  • 別荘という非日常の響きに憧れて
  • 現実に手にした別荘は小さいけれど・・・
  • 別荘の活用方法もいろいろあります
  • 別荘の落とし穴は使ってみないとわからない
Copyright(C) 2011 - 「ちょっと別荘へ」と言える身分になりました - All Rights Reserved.